台風の影響

台風が過ぎてから日数が経ちますが、台風の爪跡はまだまだです。
弊社も看板、テントの撤去、テントの張替え等の問い合わせがあります。
経年劣化で看板落下するのも怖いですが、今回仕事をさせていただく中で
袖看板のユレ棒が取り付けされていないとか、開閉式テントのワイヤーが細い、
軒先テントの取り付けの仕方が変など、
台風以前に施工の仕方に問題ある物件が多くてビックリしました。
今回、正しい施工について考える機会となりました。

台風前に看板撤去

昨日は日曜日でしたが台風上陸する可能性があるため、
看板撤去2件ご注文いただきました。

台風前に看板やテントの状態を確認するのも大切ですが
台風後にも看板やテントのチェックを忘れずにお願いします。

梅雨入り前に

近畿だと梅雨は6月になると思いますので
もう来月には梅雨。
塗装屋さんは梅雨時期になると多忙になりますが
弊社も看板、テントの撤去依頼が増える時期です。
放置してると危険ですので撤去する事を一度ご検討下さい。

梅雨前にテントの点検を

梅雨前に一度お店のテント点検をする事をお薦めします。
テントを長い間放置した状態にしてると雨が溜まって
テントの落下事故に繋がる可能性ありますので
一度、お店のテント状態を確認お願いします。

年末の看板やテントの撤去

毎年、年末仕事納めは撤去工事で終わってる気がします。
今年も今の予定でいくと袖看板と支柱の撤去工事で
仕事納め予定です。

看板やテントの腐食などの危険性が世の中に伝わってきたのは
良いことだと思います。

今年も一年無事に仕終われるように安全に気をつけて工事します。